赤シャツ

厭味なインテリ教頭
〈赤シャツ〉を主人公に
物語を捉え直す。

 劇作家・マキノノゾミが書き下ろし、マキノといくつもの作品でタッグを組んできた宮田慶子の演出により、2001年に初演され、以降、幾度も上演されてきた傑作喜劇、「赤シャツ」。

 言わずと知れた夏目漱石の名作「坊っちゃん」。本作では、その登場人物であり、主人公・坊っちゃんの敵役である“赤シャツ”を主人公に据え、「坊っちゃん」の物語を赤シャツの視点から描いています。

 無鉄砲で血気盛んな坊っちゃんによる語りから見えていた世界と、同じ筋書きを辿っているはずなのに、赤シャツの視点を通して見れば、まったく異なったような世界が広がっています。同じ出来事を見ていても人によって見えるものと見えないものとがあり、考え方も人それぞれ異なり、時には誤解や思い込みといった偏りも生じる――人と人とが触れ合い、関わり合うことから生まれる可笑しみやままならなさ、そして温かさ。血の通った役者が生で演じるからこそ真に迫って描き出される、舞台演劇というエンターテイメントの真骨頂がここにあります。

桐山照史主演!
宮田慶子の演出で、新たな
〈人間・赤シャツ〉が誕生。

 本作のタイトルロールである“赤シャツ”を演じるのはジャニーズWESTの桐山照史。グループでの精力的な音楽活動に加え、ソロとしてもTVドラマ・映画・舞台とマルチに出演。実直で温かみのあるキャラクターで親しまれ、硬軟自在に演じ分ける誠実な演技も高く評価される桐山が、“赤シャツ”をどう演じるのか、期待が高まります。

 赤シャツの弟・武右衛門役には松島聡(Sexy Zone)が出演決定。放送中のTVドラマ「コタローは1人暮らし」(EX)で初めて連続ドラマに出演し注目を集める松島が、本作で舞台初出演を果たします。共演にはおかやまはじめ、矢柴俊博、桜咲彩花、植本純米、神農直隆、越村友一、北香那、吉村卓也、パシャ・ペチコ。さらに赤シャツに仕える下女・ウシを、多くのTVドラマ・映画・舞台に出演、バラエティ番組や情報番組などでも活躍する高橋ひとみが演じます。

 演出は、この作品を初演の劇団青年座での上演から手がける宮田慶子。桐山とは初の顔合わせとなり、桐山の新たな魅力が存分に引き出された“赤シャツ”が誕生することでしょう。多彩なフィールドで活躍する演技巧者が集い描き出す、新たな“赤シャツ”にどうぞご期待ください。

キャスト

桐山照史

赤シャツ(教頭)

桐山照史
(ジャニーズWEST)

舞台がとても好きなので、生でお芝居ができるチャンスをいただけてとても嬉しいです。今回改めて、小説「坊っちゃん」をまず読んで、戯曲を読みました。赤シャツにはこういった面もあったのかなぁと感じられました。「坊っちゃん」を読むと、面白さの倍増する作品だと思います。演出の宮田さんとは、今回初めてですが、すでにご一緒している横山君から、『一から丁寧に教えてくださった』、また髙木君からは『厳しいけれど愛のある方』と聞いて、少しホッとしています。厳しい、というところはちょっとドキッとしますが(笑)、これまで上演されてきた名作、僕なりの引き出しをプラスしてヒール役を思いっきり楽しめたらと思います。

松島 聡

武右衛門(赤シャツの弟)

松島 聡
(Sexy Zone)

この度は、桐山照史くん主演の舞台「赤シャツ」に出演させていただくことになりました。僕にとって舞台出演は今回が初めてとなるので、まずは貴重な機会を与えてくださった事に感謝しております。初舞台ですので不安を感じている部分はありますが、原作の「坊っちゃん」や「赤シャツ」の戯曲を見ながら勉強しているうちに、どんな舞台になるのか楽しみな気持ちが強くなり、今ではワクワクしています。数多くの舞台を経験されている桐山くん、そして、演出家の宮田さんとご一緒させていただける事は大変心強いですし、たくさんご指導いただきたいと思っております。「舞台」というものを間近で勉強させていただきながら、精一杯役になりきって頑張りたいと思います。

  • おかやまはじめ

    狸(校長)

    おかやまはじめ

  • 矢柴俊博

    福地記者(「四国新聞」の記者)

    矢柴俊博

  • 桜咲彩花

    小鈴(芸者)

    桜咲彩花

  • 植本純米

    金太郎(宿屋兼料理屋「角屋」の番頭)

    植本純米

  • 神農直隆

    山嵐(数学教師 堀田)

    神農直隆

  • 越村友一

    野だいこ(画学教師 吉川)

    越村友一

  • 北 香那

    マドンナ(代議士令嬢 遠山はる子)

    北 香那

  • 吉村卓也

    うらなり(英語教師 古賀)

    吉村卓也

  • パシャ・ペチコ

    ウラジミール(捕虜となったロシア人将校)

    パシャ・ペチコ

高橋ひとみ

ウシ(「赤シャツ」家の下女)

高橋ひとみ

最近よく、「今後どういう役を演じてみたいですか?」という質問をされるようになりました。その際に私は、「昔懐かしいちゃぶ台が出てくるような、割烹着をきてもんぺを履いているような、そんな生活感のある役を演じてみたいです!」と答えていました。そんな矢先この赤シャツのウシさんというお話しをいただいて「え!?本当に!?」ととても驚きました。そして今はドキドキ、ワクワク!しています。女優というお仕事はどんな年齢でもどんなものにでもなれる素晴らしいお仕事だと思っています。どんなウシさんが出来上がるか私自身も楽しみです。そして、観に来てくださるお客様にタイムスリップしたかのようなそんな体験していただける事を願っています。

スタッフ

作・マキノノゾミ

マキノノゾミ|作|

1984年、劇団M.O.P.結成、2010年の解散公演まで主宰を務める。97年、『東京原子核クラブ』で第49回読売文学賞受賞。94年、『MOTHER』で第45回芸術選奨文部大臣新人賞。98年、『フユヒコ』で第5回読売演劇大賞優秀作品賞。00年、『高き彼物』で第4回鶴屋南北賞。01年、『黒いハンカチーフ』『赤シャツ』で第36回紀伊國屋演劇賞個人賞。同年『怒濤』(作=森本薫)で第8回読売演劇大賞・優秀演出家賞/作品賞受賞。08年、『殿様と私』で第15回読売演劇大賞優秀作品賞など受賞。10年、『ローマの休日』で第36回菊田一夫演劇賞受賞。そのほか、舞台『十三人の刺客』『グッバイ・ガール』『道玄坂綺譚』(脚本・演出)、『淋しいのはお前だけじゃない』(演出)など、小劇場から大劇場と空間・ジャンルを問わない創作活動を高く評価されている。



演出・宮田慶子

宮田慶子|演出|

演出家。東京都出身。劇団青年座。創作劇、翻訳劇、ミュージカル、オペラなど幅広く演出。また、演劇教育や日本各地での演劇振興・交流に取り組んでいる。2010年〜2018年新国立劇場演劇芸術監督。16年〜新国立劇場演劇研修所長。日本演出者協会副理事長。日本劇団協議会常務理事。主な受賞歴に、紀伊国屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部大臣新人賞、毎日芸術賞千田是也賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞など。

“赤シャツ”は、ご存じの通り、近代日本文学を代表する夏目漱石の名作「坊っちゃん」に登場する人物です。この舞台でも、あの痛快冒険活劇が展開します。ただし視点を変えて“坊っちゃん”の敵役である“教頭の赤シャツ”の立場からえがいており、誰もが知る物語のかくされた真相がつぎつぎと明らかになるスリリングな舞台です。初演時から私が愛してやまないこの作品を、桐山照史さんが演じてくださることになり、今からワクワクしています。誤解や行き違いに翻弄される「人間・赤シャツ」を生み出してくださることを楽しみにしています。
窮屈な日常に疲れているすべての方にお届けする、笑いながら心に染み入る舞台を作りたいと思います。

東京
公演

2021年9月5日(日)~20日(月・祝) 
東京建物 Brillia HALL

9/5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20月祝
13:00
17:00



18:00
9/5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20月祝
13:00
17:00 休 演 休 演 休 演 休 演
18:00

8月中旬よりチケット一般発売!
S席 10,000円 A席 8,500円 B席 6,500円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可 ※営利目的の転売禁止

【問】東京グローブ座 03-3366-4065

大阪
公演

2021年9月25日(土)~9月28日(火) 
森ノ宮ピロティホール

9/25 26 27 28
13:00
18:00

8月中旬よりチケット一般発売!
10,000円(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可 ※営利目的の転売禁止

【問】キョードーインフォメーション 
0570-200-888(11:00~16:00 ※日祝休業)

【主催・企画製作】
東京グローブ座

ほか詳細情報は近日公開!

ページトップへ